2011年07月16日

フランス紀行(29) ロワール川を行く シュノンソー城B


P1130428.JPG

城の各居室をご案内。
この肖像画はどこかで見たことがあります。特徴ある顔とライオンの
たて髪のようなヘアー(笑)

彼の有名な「太陽王」ルイ14世ではありませぬか。

然し、何でこの肖像画がここにあるんだろう?この城とルイ14世との
係りは余りよく分かりません。彼の王位継承後、数回はこちらに来て
いるようではありますが。


P1130446.JPG

天井の廻り縁にそっと置かれていた王家の紋章。

DianedePoitiers.jpg


この城はロワール川一帯の古城観光の中でも一番人気と言われて
います。その理由は城のカタチそのものが洗練されていることと、
この城の持ち主の変遷に理由があるのかも。

城の最初の建設は1411年、ジャン・マルクという民間人によるもの。
その後持ち主が変わり、フランソワ1世の時代に国庫に没収と相成り
ました。フランソワ1世の没後、アンリ2世の時代に彼の愛妾ディアーヌ・
ド・ポワチエ
(上の写真 なかなかの美女です)の居宅となります。

彼女はこの城を非常に気に入り、シェール川を渡る橋を建設(現在は
建物になっている)、玄関前の車回しの広場等改築を重ね、ほぼ現在
の城のカタチにしました。

然し、アンリ2世は1559年に騎馬試合の事故で死去。そうなると正妻
カトリーヌ・ド・メディシスは黙っていられません。摂政となっていた
彼女はディアーヌを追い出し、自分がこの城を利用するようになります。

P1130450.JPG

この紋章はアンリ2世の「H」と愛妾ディアーヌの「D」更に正妻
カトリーヌの「C」を組み合わせたものと言われています。



P1130447.JPG

P1130451.JPG

ディアーヌさんの居室。暖炉の上のイニシャルもアンリのHとディアーヌ
のD、更にカトリーヌのCが組み合わさっているように見えます。尚、城を
追い出した後、カトリーヌはディアーヌの調度品の殆どを処分し、彼女の
往時の生活を偲ぶことは出来ないようです。


P1130427.JPG

こちらの暖炉にはフランソワ1世の紋章「火トカゲ」が象られて。

尚、この城を彩ったその他の女性についてはまた別途ご紹介
しましょう。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by belage at 08:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

フランス紀行(28) ロワール川を行く シュノンソー城A


P1130421.JPG

城の正面の広大な車回し(当時で言えば「馬車回し?」)の片隅に
井戸が。つるべには金属製の意匠が施されていますが、この
モチーフは百合。

百合はフランスではFleur de Lis(フルール・デ・リス)と呼ばれ、
歴代フランス国王の紋章。更にカトリックではマドンナ・リリーと
してマリアの象徴であります。

こういう定番の意匠を見ると単純に嬉しくなっちゃう(笑)

尚、この車回しの広場は、この城がロワール川の支流である
シェール川の辺に建てられているため、度々の洪水の恐れが
ありました。そのため、人工地盤のように一段と高い位置に設け
られています。



P1130426.JPG

玄関の重厚な扉。王家の紋章が上部に描かれて。この紋章は
フランソワ1世のもの。
この扉、もともとは鮮やかな緑の地色であったんでしょうね。


P1130437.JPG

礼拝堂には色鮮やかなステンドグラスが。


P1130440.JPG

「受胎告知」のフレスコ画。天使ガブリエルの姿が大きく
描かれているような気がします。


P1130430.JPG

マリアとキリストの彫刻。この像の上にあるホタテガイに注目。
この組み合わせは初めて見るような。フランス語でホタテガイ
Coquille Saint Jacque(聖ヤコブのホタテガイ)と呼ばれ、
聖ヤコブの象徴であります。

これは後でまた理由をご紹介しますが、これを見てまた大喜び。
今回の旅の大きな目的の一つが聖ヤコブのキーワードであり
ましたもので。




P1130442.JPG



P1130445.JPG

色々な姿のマリア像が。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







posted by belage at 16:27| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩煙草(いわたばこ)


P1170131.JPG

とっても小さな花です

名前が「岩煙草(いわたばこ)

葉っぱが煙草の葉に似ているところから
この名前がつけられたそうです

でも煙草の葉なんて実物を見たことがない
煙にする葉っぱを刻んだものは毎日
見ている癖に(苦笑)

残念ながらこの葉っぱを乾燥させても
煙草の代用にはならないそうですよ
愛煙家のみなさん!(爆)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by belage at 08:22| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | はな 花 華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

フランス紀行(27) ロワール川を行く シュノンソー城@


P1130407.JPG

駐車場に車を置いて、こんな高木の並木道を歩くこと10分。
いやぁ、いいですねぇ。緑豊かで。マイナス・イオンがたっぷり。

P1130413.JPG

並木道が切れると、なんとなんと一対のスフィンクスがお出迎え。
これにはびっくり。

P1130414.JPG

P1130416.JPG

スフィンクスといえばエジプト。フランスがエジプトの美術品を
収奪したのは確かナポレオン以降だと思いましたが。この16世紀
辺りでエジプトの美術品(イミテーションかも知れませんが)が
あるのは、フランソワ1世のイタリア・ルネッサンスへの憧憬が
影響しているのかも知れません。

イタリアはローマ時代にエジプトとは浅からぬ関係がありました
ものね。

P1130417.JPG

おお、やっと素敵なお城に逢えました(笑)
ボクのイメージ通りの城。なんとも優雅な姿じゃありませんか。
これに比べると、今までご紹介した城は残念ながらボクを
インスパイアするものはありませんでした。

さて、これからこの城の詳細をご案内します。

因みにこの城の名前はシュノンソー城



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by belage at 16:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネムの花


P1170090.JPG

P1170091.JPG


今年のこの花は当たり年のよう
満開の花が

この日は風が相当に強く
普通ならあの緋扇を広げたような姿を
見せてくれるのですけど

風に吹かれてそのカタチが保てません(汗

P1170094.JPG

なんとも訳の分からぬ写真と相成りました



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by belage at 12:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | はな 花 華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やったね撫子!


素晴らしい試合でした。

3:1で日本の完勝。でも、最初にパスミスからスウェーデンに一点を
先取された時にはちょっと青くなったけど、選手の皆さんはよく落ち
着いていたです。その後はスウェーデンに試合をさせなかった。

川澄選手の最初の得点は根性。そして二点目は芸術品でありました。
ありゃ、キーパーが定位置で守っていても、入っていたんじゃないか。
それくらいきれいなゴール。

そして澤選手のあの動物的感覚のポジション取りによるゴール。流石
キャプテン。自らの失敗をちゃんと帳消しにして。エースの貫録です
なぁ。

第一試合のアメリカも強いけど、結構粗さのあるチーム。決勝は
撫子がこの調子で試合をやれば勝つよ。
それにしても、日本の女子サッカーのレベルの高さにびっくり。
実は日本のマスコミの例によっての、ヨイショが半分と思っており
ましたが、こんなに強いとは。自分の不明を恥じてます。

3・11の被災地の方たちへ多くの感動と希望を与えてくれたね。

久々に徹夜したけど、いい試合見せて貰ってこれから熟睡出来るよ(爆)

ホントおめでとうございます。決勝では思う存分戦って下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by belage at 06:02| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

フランス紀行(26) ロワール川を行く ル・クロ・リュセ


P1130397.JPG

この瀟洒な建物が、フランソワ1世が幼年期を過ごし、後に
イタリアを去りフランソワ1世を頼ったダ・ヴィンチを庇護した
場所。

ダ・ヴィンチはここで天寿を全うするまでの約3年間を過ごし
ました。

現在は、ダ・ヴィンチ博物館のようになっているようです。時間
の都合もあり、中の見学は割愛。


P1130401.JPG

ダ・ヴィンチがイタリアを去るに際し、携帯したのは彼の有名な
モナリザ」「洗礼者 聖ヨハネ」「聖アンナと聖母子」の三枚
の絵。

特にモナリザは彼の死の直前まで筆を加えていたという。それ
くらいダ・ヴィンチにとり、思い入れ深いものであったし、彼の絵
に対する異常なまでの執念が感じられます。


P1130400.JPG

館の四周を短い時間で見渡しましたが、現代のボク等が知って
いるような、あのアトリエと言われるような部屋は見当たりません
でした。
もしかして、それほど自然採光のないところでダ・ヴィンチは
モナリザの究極の美の完成を目指し、日夜絵筆を動かして
いたのかも知れません。

あの、フィレンツェのウフィッツィ美術館にある「受胎告知」等で
ダ・ヴィンチの師匠に彼の筆を折らせた、イタリア・ルネッサンス
を代表する天才の終焉の地にしては、いささか寂しい思いが
します。

P1130403.JPG

今、TVでダ・ヴィンチに関する報道が。なんでも、彼の幻と言われて
いる作品がロンドンで見つかったんだとか。

なんともグド・タイミングでありました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by belage at 11:58| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクの散歩道:野川点描


P1170116.JPG

最近のボクの行動パターンは節電対策
日中の2時くらいが消費電力のピークだそうで

我家は熱中症もものかわ
未だクーラーは登場させていませんし
扇風機も居間に置いてありますが
殆ど日中は使わずで(苦笑)

当然家にいると暑い暑い

その代りこのピークの時間帯は
お外でお散歩(爆)

旅行でしっかり貯め込んだお腹の周りの
脂肪をせっせこ燃焼させようと

帰ってから浴びるシャワーが気持ちいい
喉に浴びせるビールはもっと気持ちいい

てなことで
お腹の肉腹巻きが全然減らないのが哀しい


P1170124.JPG

野川の真中にはこのくそ暑いのに
鴨さんがお昼寝
陽射しが強すぎるだろうと
写真で日よけを作ってあげたけど(笑)


P1170125.JPG

水量が今年は少ないのかしら
この緑は一体!?
川藻が随分と繁殖しちゃって

見た眼はいいのですけど
かなり豊栄養化しているような
ちょっと心配




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by belage at 07:29| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ボクの散歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

フランス紀行(25) ロワール川を行く アンボワーズ城


P1130388.JPG

ブロワの城を辞して、更にロワール川を下ります。20分も車を
走らせるとアンボワーズ(Amboise)という街に着きます。
ロワール川の左岸にそそり立つ城。今まで見てきたお城とは違い、
いかにも城といういかめしさ。

この地は古代からの要衝で、常に戦いの場であったそうな。

P1130390.JPG

古代からの要塞に手を入れたのはシャルル8世で、ゴシック建築で
増設。その後、度々登場のフランソワ1世、ルイ12世がルネサンス
様式で増築を行っています。

この城も血なまぐさい事件がご多分にもれずあり、1560年には
カソリック教徒のギーズ公が1500人ものプロテスタントを拷問、
虐殺した歴史があります。このギーズ公は前回のブロワ城内で
アンリ3世に暗殺されています。

P1130391.JPG

特筆すべきはイタリアから失意の旅をしてフランソワ1世の庇護を
受けていたダ・ヴィンチがこの城に埋葬されているといいます。

この地を訪問したのは、こお城の近くにあるダ・ヴィンチの住居を
見学すること。お城の見学ははしょって、そちらに向かいます。

P1130393.JPG

城の前には土産物屋やらレストランが並んでいますが、
お土産物屋さんの窓辺に夢をむさぼる方がお一人(笑)

なんともびみょ〜な場所で寝ています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





posted by belage at 16:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス紀行(24) ロワール川を行く ブロワB ブロワ城


P1130372.JPG

ロワール川のなだらかな丘陵地に建つこの建物がブロワ城。
創建は16世紀初頭ルイ12世による。赤レンガと花崗岩で
造られています。

P1130374.JPG

城の正面の玄関口の頭上にはルイ12世の騎乗姿が彫刻されて。
その後シャンボール城を建設したフランソワ1世がクロード王妃の
為にこの城を改修。シャンボール城同様にイタリア・ルネッサンス
を模した、フレンチ・ルネッサンス様式の翼を増設。
ここには、シャンボール城でご紹介した外部螺旋階段が同じように
設けられています。

尚、ジャンヌ・ダルクはオレルアン解放後、このブロワ城にて次の
英国軍追討に際しランスの司祭から祝福をうけています。
また1588年の三部会(聖職者・貴族・平民の身分制会議)では
アンリ3世のギーズ公アンリ暗殺事件の舞台にもなりました。
因みに暗殺主導者アンリ3世もその後暗殺されています。


P1130380.JPG

ボクが気に入ったのはこの雨樋。金色の螺旋条で飾られた
雨樋の先には、魚でしょうか。べロのある魚と言うのはあった
かしら(笑)

ここから雨水が噴き出すのを見てみたい。


P1130382.JPG

この城は中庭を挟んで全部で四つのウイング(翼)を持っていて、
先にご紹介したルイ12世、フランソワ1世、アンリ3世、オルレアン
公ガストン(ルイ13世の弟)がそれぞれの時代に増設を行って
います。

広場の向こう正面に見えるのがガストンの館。


P1130385.JPG

時間がないのでこのお城は外観見学だけ。上の写真は広場にあった
ポスターです。夜ともなるとライトアップされるのは勿論ですが、音楽
と一緒にイルミネーションを変化させるというようなパフォーマンスも
あるようです。

ローヌ川のお城めぐりコースは、ボク等の出発点であったオルレアン、
ここブロワ、最終目的地ツールを拠点とするケースが多いようです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by belage at 07:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。