2006年10月24日

鎌倉 「由比ガ浜」



yuigahama.jpg

やはり鎌倉に来ると海が見たくなりますね。
鎌倉駅から商店街をふらふらと歩いて。

海が見えてきましたよ。秋の西日を受けて水面が
きらきらと輝いていました。やはりこの海はある
程度波がないと詰まらないですね。

サザンの歌が海を見ていると頭の中に流れてきます。

yuigahama1.jpg

人のシルエットが一番綺麗に見える時かな、この
夕暮れ時。もう、この砂浜にいる人たちは皆映画
のヒロイン、ヒーロー。

     yuigahama2.jpg   yuigahama3.jpg

   yuigahama4.jpg   yuigahama6.jpg

yuigahama7.jpg

   yuigahama8.jpg   yuigahama9.jpg

子供のシルエットがなにか遠い自分の昔を思い出させ
てくれます。この海で泳いだのは遥か遥か昔の話。

確か小学校に入る前じゃなかったかな。春は千葉の稲毛
海岸で潮干狩り(ちょっと信じられないでしょう、今では)。
夏はこの海岸が多かったですね。それともう少し遠くで
逗子海岸。

yuigahama10.jpg

外国人の方が非常に目につきましたね。彼らはこの
海岸を見て祖国のどこになぞらえているんでしょう。





dora1.jpg
posted by belage at 12:18| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

鎌倉 由比ガ浜の商店街で遭ったお友達


okimono.jpg

鎌倉駅から由比ガ浜の海岸を目指して歩いたの
ですが、その途中で愉快な仲間が。商店街のお店
の品物を冷やかしてはぎゃはぎゃはと騒いでおり
ました。

奥様に、「おんや、君がいるよ〜ん」
と言えば、

okimono1.jpg

「あなたもちゃんといるじゃ〜ん」と切り替えされ。

    okimono2.jpg   okimono3.jpg

okimono4.jpg

はは、面白いですね。色々な置物があるんだ。街歩きは
これだから止められない。





dora1.jpg
posted by belage at 18:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

鎌倉 北鎌倉「建長寺」 (そのよん)



kenchoji38.jpg

方丈から見た山々と空。この日も秋晴れの
良い天気。空気が美味しい。

    kenchoji32.jpg   kenchoji37.jpg

左は所謂「雨樋」ですね。右は方丈から唐門をみた
ところです。

kenchoji33.jpg

kenchoji35.jpg

方丈の裏手にしつらえられた庭園。なかなか見事な
庭園でありました。回廊にベンチが置かれており、
ここで奥様と暫し休憩。

ぼーっと池の水面と空を交互に眺めて。むむ、いけない
このまま眠りそうに。静かな秋の昼下がりです。

kenchoji42.jpg

建長寺には樹齢700年の柏槙の大木が七本あります。
立派な木ですね。ずっと鎌倉の歴史を見てきたん
ですね。





dora1a.jpg
ラベル:鎌倉 建長寺 柏槙
posted by belage at 17:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 北鎌倉「建長寺」 (そのさん)



kenchoji25.jpg

ほほ、私の大好きな唐門がこちらにもありました。
金物に使っている銅でしょうか、かなり錆付いて
いい趣が出ていますね。

   kenchoji27.jpg   kenchoji29.jpg

kenchoji24.jpg

方丈の玄関前の小鉢に睡蓮の花が咲いていました。

   kenchoji26.jpg   kenchoji28.jpg

方丈の裏手、北側には日本庭園があるのですが、
それに繋がる窓。棚には一輪挿しの花瓶と香炉
がさりげなく置かれて。素敵な緊張感があります。

   kenchoji30.jpg 
  
方丈の回廊の欄干の止め具。簡素な飾りです。




(続く)
dora1a.jpg
ラベル:鎌倉 唐門 建長寺
posted by belage at 09:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

鎌倉 北鎌倉「建長寺」 (そのに)



kenchoji16.jpg

手前の建物が仏殿です。奥には方丈の建物が見えて
います。

   kenchoji12.jpg   kenchoji13.jpg

仏殿には建長寺のご本尊である地蔵菩薩が祭られて
います。なかなか柔和な、よいお顔をされています。

天井画が沢山描かれているのですが、残念ながら
かなり剥げ落ちてちょっと目には何が描かれている
のか識別出来ません。

この仏殿は1647年東京、芝の増上寺から二代将軍徳川
秀忠夫人の霊屋をうつしたものだそうです。増上寺と
繋がりがあるとはちょっと驚き。

   kenchoji14.jpg   kenchoji15.jpg

欄間の透かし彫りが見事ですね。

kenchoji22.jpg

法堂の裏手です。この佇まいが結構気に入りました。

   kenchoji17.jpg   kenchoji21.jpg

屋根を支えるこの沢山の小梁。構造的なものというより
装飾の意味合いが強いのかな。こういう寺院建築って
かなり難しいんですよね。

こちらの仏様は随分と痩せてらっしゃって。涅槃に入る
前の状態なのかな。リアルな姿にちょっと惧れを感じて
しまう。

kenchoji18.jpg

天井に描かれた龍です。先の仏殿の天井画と随分と違い
ますね。多分近世の作なんでしょうが、かなりのど迫力
で迫ってきます。




(続く)
dora1a.jpg


ラベル:鎌倉 建長寺
posted by belage at 12:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 北鎌倉「建長寺」 (そのいち)



kenchoji1.jpg

日本で最古の禅寺と言われるこのお寺。正式名称は
「巨福山建長興国禅寺」。鎌倉第五代執権の北条時頼
が建長5年(1253年)に創建。

上の写真は総門です。向こうに三門が見えています。

kenchoji2.jpg

kenchoji3.jpg

流石に臨済宗建長寺派の総本山、豪壮な建物です。

    kenchoji4.jpg  kenchoji7.jpg

まあ、大きな半鐘です。これは国宝です。戦時中に
よく持って行かれなかったですね。

    kenchoji8.jpg kenchoji9.jpg

灯篭にはひょうたんの意匠が。これは珍しいかも。
屋根飾りのこれは獅子でしょうか。空に気持ち良さ
そうに逆立ちしてました。




(続く)
dora1a.jpg
  



ラベル:建長寺 鎌倉
posted by belage at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

鎌倉 北鎌倉「明月院」 (そのさん)



meigetuin12.jpg

   meigetuin11.jpg   meigetuin14.jpg

明月院の「開山堂」の前にすくっと聳えていた
栴檀(せんだん)」の木です。葉の青さと空
の青さが相俟って、なんとも清々しい気持ちが
します。

実をつけていますが、この写真で分かるかしら・・・

meigetuin11.jpg

そして栴檀の大木の前にこの地蔵様が。常にお花を
抱えるようにしつらえてあります。お名前が「花地蔵
でしたか(ちょっとうろ覚え)。

ちょっと微笑ましかったのはこの地蔵様の耳に
ピアスがしてあって、ガラスの飾りがついており
ました。これは珍しい。我が愚息がピアスをした
時にはちょっとぎょっとしましたが。最初にこちら
に来て、この地蔵様を拝んでいれば驚かなかった
かも知れないですね。

meigetuin15.jpg

お隣にも地蔵様が沢山いらっしゃいました。


    meigetuin17.jpg   meigetuin16.jpg

これは宝物庫(だと思うのですが、ちょっと記憶が
不確か)の屋根飾り。片方のカタチが面白くて。
子供が空を飛んでいるような、そんな風に見えません?

この飾りは京都のどちらかのお寺でも見た気がしますが。
はてさてどちらでありましたか・・・





dora1a.jpg
ラベル:鎌倉 明月院
posted by belage at 12:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

鎌倉 北鎌倉「明月院」 (そのに)



meigetuin7.jpg

本堂にしつらえられた茶室です。

この吉野窓というのですか、いいですねぇ。中では
お薄を楽しまれている先客がいらっしゃいましたが、
中でこの窓の外を見るより、こんな距離からこの窓
を眺めたほうが寧ろ風情を感じたりして。

meigetuin8.jpg

ちょっとコントラストを高めて写してみました。
吉野窓というのは京都の吉野太夫から名前が来て
いるようです。

吉野太夫というと過去に安土桃山時代から江戸中期
までに10人いたそうです。太夫というと花魁の最高
位ですよね。さしずめ、SAYURIの元祖ということなん
でしょうけど、美貌もさることながら茶、和歌、舞、
香道等に秀でていなければこう称されなかった。

当時の社交界の(ちょっと特殊ではありますが)超
花形なんでしょうね。現代で言うと叶姉妹ですか。
彼らは美貌と胸だけのような気がするけど、どうで
しょうか(笑)

然し、禅寺で吉野太夫というのもどうなんだろう。

丸窓というのはちょっと意味が違うようです。四角い
窓は「喜怒哀楽」の人生、現世を表し、丸窓は「悟り」
を現すとどこかの書で読んだ思い出があります。

確かに、こうしてこの座敷でゆったりとした気持ちで
お茶を味わうと四角い窓とは違う気持ちの落ち着きが
出ますよね。こちらに来られたら、是非ここに座って
お茶して下さい。

    meigetuin9.jpg    meigetuin10.jpg

左のお堂は「開山堂」。その傍らに鎌倉の銘泉と
言われている「瓶の井」がありました。これは
飲めないのかしら。ちょっと味わってみたいですね。




(続く)
dora1.jpg
ラベル:鎌倉 明月院
posted by belage at 12:04| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

鎌倉 北鎌倉「明月院」 (そのいち)


meigetuin3.jpg

明月院、というより「あじさい寺」と言ったほうが
通りはよいかも知れません。梅雨のアジサイの盛り
にはこの寺に多くの人々が殺到します。はい、斯く
言う私も最初こちらを訪れた時は梅雨の最中でした。

写真は総門です。

meigetuin.jpg

meigetuin2.jpg

はい、ちゃんと少しではありますが、アジサイも健在
です(笑)

アジサイもそうなんですが、花の寿命って結構長い
んですよね。人間様の勝手な都合で花を刈って時期
なんていうのを特定していますけど、草花はもっと
自然に生きたいよ〜、なんて言っているかも知れま
せんね。

ブログを始めて、花々を写真に撮り始めてもう二年
になりますが、いつも見かける花を見て最近そんな
風に思えてきました。

朝顔も沢山、昼近くの時刻でありましたが咲いて
おりました。

meigetuin4.jpg

総門を入った小道の脇で。可愛いうさちゃんが出迎え
てくれていました。そうだ、ここは明月院、月に兎は
つきものでありました(妙に合点が)

meigetuin5.jpg

「月笑軒」という庵の屋根です。

meigetuin6.jpg

本道前の「枯山水庭園」
仏教の世界観を現していると解説書には書いてあり
ましたが・・・私にはよく分かりません。




(続く)
dora1.jpg
posted by belage at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 北鎌倉「葉祥明美術館」


yoshomei.jpg

円覚寺を後にして、明月院を目指します。

その途中で、こんな素敵なレンガ造りの洋館が。
かなり瀟洒な佇まいの鎌倉の地でも目立ちますね。
自然と足もこちらに吸い込まれて(笑)

リリー・フランキーさんの「東京タワー」でも
紹介された葉祥明さんの美術館です。童話の絵本
作家として有名ですよね。

yoshoumei3.jpg

yoshoumei4.jpg
(この二つの絵は公式HPからお借りしました)

このタッチは私の好きな絵のひとつ。真似したいん
ですが、はは素人の悲しさ、なかなか真似なんて出来
ないものです。

yoshomei1.jpg

玄関前にはハロウインのかぼちゃが。おや、もう
そんな季節になっちまった。となると、もうすぐ
クリスマス。そして正月じゃぁー!

こんなことを言っていると寂しくなるので、今は
最大限「秋」を楽しみましょうね。

てなことで美術品を一通り目で楽しんで。葉さんの
素敵な絵で癒されて、明月院に向かいます。

yoshomei2.jpg

美術館の入り口の前の木が秋の光を浴びて。葉の
緑がまたいいですね。葉っぱの感じからすると
カエデでしょうか。これが色づく頃の鎌倉もいい
でしょうね。




dora1.jpg
posted by belage at 12:07| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

鎌倉 「円覚寺の花々」 (そのに)


enkakuji42.jpg

   enkakuji41.jpg   enkakuji40.jpg

しびれましたね。青空に凛とこのお花が。
十月桜です。

秋に三分の一くらいに花をつけ、年を越して残りが
花をつける。二度も楽しませてくれるというまめな
花です。そう、男もまめでなければもてません(笑)

桜って日本列島のどこかで一年中さいているんで
すってね。一度、雪の中で咲く桜を見てみたいもの。
写真を撮るのはかなり難しそうではあります。

enkakuji44 tanukimame.jpg

これが笑ってしまったのですが、「たぬきの豆」という
植物。はは、本当にたぬきのシッポみたい。

enkakuji46 juzusango.jpg

enkakuji48 umemodoki.jpg

上は「数珠珊瑚」、下は「梅もどき」です。数珠珊瑚の実の
とろとろとした赤が印象的でした。

   enkakuji49 sion.jpg   enkakuji50.jpg

シオン」の花。紫苑と書くのでしょうね。例の姫紫苑
(ひめじおん)のイメージが強いのですが、こうして
見るとなかなか綺麗な花ではあります。

中国が原産。平安時代に渡来されたそうです。「今昔
物語」にも出ているそうです。

   enkakuji54 hanshouduru.jpg   enkakuji35.jpg

左の花は「半鐘蔓(はんしょうつる」というのだ
そうです。丁度間がいいことに、こんな半鐘もあって。
どうでしょう。うまい名前をつけるものですね。





dora1.jpg




ホトトギスと小紫がこちらでも
posted by belage at 20:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉 「円覚寺」の花々 (そのいち)



enkakuji6.jpg

里のあき〜という感じがしませんか。

こちらで発見した花々をご紹介しましょう。

enkakuji26.jpg
(お名前が分かりません)

   enkakuji28.jpg   enkakuji30.jpg

この蕾のカタチはどこか見覚えが。多分ポピーかな。
未だ咲いているんだ。自宅のご近所ではもう見ないん
ですが。

enkakuji36.jpg
(こちらもお名前が分かりません・・・)

enkakuji37.jpg

   enkakuji38.jpg   enkakuji39.jpg

コスモスを失礼ながら裏側から。
きれいですねぇ。秋の光はこれだから、たまりませぬ。

gisuge.jpg

白鷺すげ」というのだそうです。鷺草にもちょっと
似ている感じがしますね。

enkakuji31.jpg

あは〜、これは花ではありませんが。見てお分かりの
通りです。私がこれを写していましたら、皆さんこれ
に倣って、写真を撮る方が続出。狭い道が一時渋滞して
しまいました(笑)

普段見慣れていないので、ちょっと大きな巣を見ると
感動したりして。その後、鎌倉を散歩したら、あちら
こちらでくもの巣が沢山。はは、ちょっと多すぎ。
有り難味が随分と薄れてしまいました(爆)




(続く)
dora1.jpg

ラベル:鎌倉 円覚寺
posted by belage at 05:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

鎌倉 北鎌倉「円覚寺」 そのよん



enkakuji19.jpg

大方丈の中庭には沢山の石仏がおわしました。
違った石仏の表情が秋の強い光の中でも柔和に
笑っています。

ひとつひとつの顔を見ながらゆっくり歩くと
何か和らぐものがありますね。


     enkakuji20.jpg   enkakuji21.jpg

     enkakuji22.jpg

ちょっと小首をかしげていらっしゃる観音様が多かった
ように思います。思惟像というのかしら。

enkakuji24.jpg

enkakuji25.jpg

このあたりで見つけた小紫とホトトギス。
小紫は我が家の付近で見るのと違って、そう見えるの
かもしれませんが、色がとても素敵でありました。

空気のせいか、土壌のせいか・・・

やはり仏門の中に入ると本物の紫色が出るのかな、
なんて思ったりして。回りの観光客も皆一様に
色がいいねぇ、と感嘆しきりでありました。





dora1.jpg
ラベル:北鎌倉 円覚寺
posted by belage at 08:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

鎌倉 北鎌倉「円覚寺」そのさん


enkakuji33.jpg

大方丈の前の山門です。はは、まずい! 奥様が福笑
いみたいになってしまった。こりゃ見つかったら怒ら
れる(大汗)

この山門のカタチは、大好きな京都の仁和寺山門と同じ
形式ですね。若干屋根の造りが違う感じがしますが。
これを見ると何故か落ち着きます。

   enkakuji11.jpg   enkakuji12.jpg

   enkakuji13.jpg   enkakuji17.jpg

山門の扉の透かし彫りも力強さがありますね。描かれている
のは龍かしら。近くに寄れないのが残念です。

enkakuji18.jpg

柏槙の大木です。紀子様のご長男、悠仁(ひさひと)様
のお印が確か「高野槙」でありましたね。今年はこの木
が流行るのかな。かなり素朴な木ですね。でも力強い。
古都鎌倉を代表する木かも知れません。あちこちのお寺
で見ることができました。

柏槙は別名をビャクシンというのですか。こちらのお寺
ではふたつの案内板に柏槙、ビャクシンと書かれていて、
物知らずの私としてはどちらで呼んでいいのか迷って
しまいました(笑)

柏槙と高野槙とはちょっと葉の形が違うようですね。


   enkakuji14.jpg   enkakuji10.jpg

   enkakuji15.jpg   enkakuji16.jpg

この大方丈の周辺で見つけた花々。二番目のは山茶花
みたいにも見えるのですが、まさかねぇ。花の名前が
分かりません。おっと最後のはわかります。「金魚の
」の花でした。




(続く)
dora1.jpg      
posted by belage at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

鎌倉 北鎌倉「円覚寺」(そのに)



enkakuji4.jpg

円覚寺の仏殿です。周りの木が大きくて、私の
カメラでは全景が写せませんでした(汗)

enkakuji5.jpg

こちらの灯篭にはミツウロコのエンブレムが。これ
はどちら様の紋章なんでしょう。

enkakuji8.jpg

ご本尊の宝冠釈迦如来です。冠をかぶっているのは
珍しいかも。

enkakuji7.jpg

ご本尊の天井には白龍図が描かれています。この図は
前田青屯画伯とその弟子の手によるものです。かなり
の迫力の龍でありました。




(続く)
dora1.jpg
ラベル:円覚寺 仏殿
posted by belage at 12:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初秋の鎌倉 北鎌倉「円覚寺」 (そのいち)

   enkakuji0.jpg   engakuji01.jpg

秋空に誘われてやってきました。久しぶりの鎌倉。
多分10数年ぶりじゃないかしら。

電車を乗り継いで、降りた駅は北鎌倉。日帰り旅行を
するとどうしてもここが起点になってしまう。毎回
このコースになってしまうのは何故でしょう。

最初に訪問したのはこちら。通称「円覚寺」。

素敵な揮毫ですね。「ずいろくさん」と呼ぶのですが。

正式名称は「瑞鹿山大円覚興聖禅寺(ずいろくさんだい
えんがくこうしょうぜんじ)」ですって。実は奥様と
一緒だったのですが、この名前を見てびっくり。だって
小学校以来、学校教育では「えんかくじ」であって
えんがくじ」ではなかったのですから。

enkakuji.jpg

こちらは三門です。太い柱と梁が力強いですね。
このお寺は室町時代に戦火にあったりして、再三焼失
していますが、この三門は1785年に再建されています。

   enkakuji1.jpg   enkakuji2.jpg

この屋根の撥ね具合がいいですね。力強さが滲み出て
いますよね。再建とは言え、鎌倉建築の粋というような
ものを感じられます。




(続く)
dora1.jpg


ラベル:北鎌倉 円覚寺
posted by belage at 00:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。