2006年08月19日

上高地のお土産


kamikochi omiyage.jpg

いやはや、この不細工な撮影の仕方。男のやることと
いったら、全く以って無骨極まりないと女性ブロッガー
や、それよりこのお菓子の製造者の方から怒られそう
です。

すんません、表の河童橋からの写真をどうしても入れ
たかったのと、時間がなかったものですから(汗)

お土産にこれを買ってまいりました。お名前は単純明快。

そば粉のクッキー

奥様がお土産屋さんで試供品をしきりにぽりぽりやって
漸く決めたこの一品。彼女の舌は私より上に決まって
いるので、私はそのぽりぽりとやっている呆けた顔を
ぱちり、ぱちりとやって後で怒られるのですが・・・

これがですね、大変素朴な味がして、丁度紅茶なぞに
凄く合うんですね。英国ならスコーンと濃いアール・
グレイ
。あのスコーンは私はちょっと苦手なんですが、
このそば粉クッキーはいいです、はい。なんだろう、
五穀米を噛み締めるような味といいましょうか。素朴
さの中に、なんやら深い味わいが広がるという感じかな。

sirokumakun.jpg

sirokumakun1.jpg

はは、これは皆さん知ってる人は知っているアイス
クリーム。確か九州限定商品じゃなかったのかな。よく
ブログでこれが好きだという方をお見かけしましたが。

えっ、何でこれが上高地のお土産なのかって?

えへへ、実はアイスクリームの上に載っている紫色の
正体は上高地で買ってきたブルーベリーの瓶詰めなんで
ございます。アイスクリームとそば粉のクッキー、それ
とこのブルーベリーであの爽やかさを、このくそ暑い
東京で思い出したという寸法なんです。

甘みを程よく抑えた、とても美味しいブルーベリーで
あります。

え〜と、蛇足ながら、白くまくんは近所のローソン100
円ショップで購入。実は私はあそこは100円の品物だけ
を売っているのかと思っていたんですね。これを四個買って
400円出したら、なんと、なんとお釣りが数枚硬貨で来て。
びっくり仰天、店員さんの間違いだと思って、ビニル・バッグ
を受け取るとそそくさと、逃げるように満面の笑みを浮かべて
立ち去った男でございます。

でも、次の日もまた次の日も同じように硬貨のお釣りが
来るじゃありませんか。なんだ、100円以下の品物も
あったんだ。得したと思った私が情けない・・・

でも100円ショップで100円以下の品物を買った時の
喜びって、何か幸せを感じませんか?

はい、これで甘いもの嫌いな私が、今年の夏既に10年分
くらいのアイスクリームを食べた理由でございます(爆)




neko AUG.jpg
ラベル:上高地 お土産
posted by belage at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

上高地で見つけた花たち (そのに)


hana7.jpg

   hana4.jpg   hana5.jpg

不思議なカタチの花ですね。田代池から田代橋に向かう
湿地帯で見つけました。

sawagiku.jpg

これはサワギクかな。ちょっと自信がありません。

hana8.jpg

こちらは田代橋付近の湿地帯で。





neko1

ラベル:上高地の花々
posted by belage at 08:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

上高地で見つけた花たち


山の植物はからきし駄目。花の名前が分からなくて
申し訳ありません。

こんなのや、あんなのが咲いておりました。

komiyamakatabami.jpg

hana1.jpg

この二つは上高地の手前の沢渡(さわんど)の
駐車場で。下の花は水引に似ていますが。

   gomana.jpg   noazami.jpg   

noazami1.jpg

最後の二つは私でもわかります。野アザミですね。東京
で見るアザミとちょっと色が違うような。田代池の付近で。




neko1
ラベル:上高地の花
posted by belage at 07:49| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

上高地・河童橋から明神池へ


kappabasi.jpg

河童橋は相変わらず人が沢山。やなりこの場所から見る
梓川と西穂高連峰の山並みは定番なのですが、生憎の
台風の影響でしょうか、2時を少し回った頃にはどんより
としてきて、くっきりした姿が拝めませんでした。

ちょっと残念ではありますが、これも自然の一部であり
ます。

    kappabasi1.jpg   kappabasi4.jpg

河童橋の近くでちょっと年を召されたお二人が。ご主人
が熱心に写真を撮られておりました。撮り終わると、奥様
がこの三脚を抱えて運んであげているのを見て、なんと
微笑ましいと、ちょっと羨ましさを感じて見てしまいました。

傍らの奥様に、「ねぇ、あの姿だよ。理想の姿だね」と
申しましたら、「私が写真を撮るから、貴方は三脚担いで」
だって。むにゅ〜、であります。

azusagawa.jpg

本来ですと、これから明神池を回って帰るのですが、
バスの時間に間に合いそうもありません。これがバス・
ツアーの悲しいところかな。ということで時間を気に
しながら行ける所まで行って、引き返しました。

梓川の支流です。この小さな流れがまた原生林に囲まれ
とても綺麗なのですが、今年の長雨のせいでしょうか。
いつも写真を撮っている小川の形が変っていましたね。
川岸が流されて変形しており、護岸工事をしておりまし
た。ちょっと残念。

azusagawa1.jpg

    azusagawa2.jpg   azusagawa3.jpg

先ほど食べた岩魚でしょうか。ヤマメでしょうか。
結構こういう魚が直ぐそばで泳いでいるのが見られ
ます。

もみじがちょっと紅葉をしはじめていますね。上高地
の紅葉は本当に綺麗ですよ。錦繍(きんしゅう)という
言葉をここの紅葉を見て初めて実感しましたね。

azusagawa4.jpg

あらら、この頃になって雨がぽつりと。バスの集合時間
も迫ってきました。残念ながら明神池はまた次回という
ことで。遣り残し、見残しも旅ではいいものです。
何故ならまた来なけりゃと思いますものね。

神降地

上高地。又来ますからね。





neko1
ラベル:河童橋 上高地
posted by belage at 01:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

上高地のお昼 「岩魚(いわな)蕎麦」


kappa1.jpg

河童橋についた頃にはもう1時を回っておりました。
途中家から持ってきたラガー・ビールの缶の500ML
が二本空になっておりましたが。

ふふ、ビールは普段家ではつつましく発泡酒なんぞを
戴いておりますが、こういう場所(え〜と、あと花火
大会とか晴れやかな場所です:笑)では贅沢をして・・・
この間、奥様がドイツ製の山歩き用の立派なリュックを
私目にプレゼントしてくれたのですが、何だ、こういう
時に、ビールを運べということであったか。

高原の木陰で二人でビールを飲む味はまた格別。

そして暫しお話を。まあ、下らん内容で。何を話した
かよく覚えていない。夫婦も何十年とやっていると
まあ、こんなもんでございます。

さて、お腹もすいてきたことで、河童橋のたもとの
茶店でちょっと腹ごしらえ。大体、上高地でのお昼は
蕎麦が多いですね。結構合格点のお店が多いので、これ
と言って決めたところはありません。

頼んだのがこれ、岩魚蕎麦

kappa3.jpg

岩魚の甘露煮が上にど〜んと乗っかっております。それに
私はきのこをトッピング、奥様は山菜をトッピングして。
(岩魚蕎麦は900円、トッピングは100円増)

京都のニシン蕎麦が大変美味しいのですが、まさか岩魚
ねぇ・・・ 魚くささが抜けないんじゃないの、あり得ない
んじゃないの、なんて夫婦で会話しながら頼むあたり、この
夫婦の不気味さが伺い知れるのですが(笑)

いや、それが食べてみてびっくり。かなりあっさり味に
仕上がっていて、ひとかけをお箸でほぐして口に運べば
骨も一緒にほろほろと。それでいて、岩魚のしっかりし
た肉質も楽しめて。

今までこちらでは串で焼いたものを食べておりましたが、
それと違った美味しさ。うむ、これは新しい発見。まる
ごと一匹堪能しました。これは結構いけましたね。京都
のニシン蕎麦の次にランクしましょう。

kappa.jpg

岩魚の甘露煮がうまかったので、こんなのも一緒に。

河童の話

芥川龍之介の「河童」という有名な作品はこの梓川の清流
から着想されたとのことで、ここに掛かる橋を「河童橋」
と名づけたそうです。やはり、ここに来たら、このお酒を
呑まずにはいられません。あっさりとしたのみ口のいい
お酒でありました。

いやはや、美味しいお蕎麦と美味しいお酒で午後のひと時を
まったりと過ごしてしまいました。

本来ですと、これから上流の明神池を見て帰るところなので
すが、もう時間がありません。ひゃ〜、困ったにゃ・・・
これはまた別途ということで、後は河童橋周辺を散策して
今回はゆったりとして過ごしましょう。




neko1
ラベル:上高地 岩魚 蕎麦
posted by belage at 11:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

上高地・田代橋からの梓川


tasirobasi.jpg

田代橋の近くの梓川の淀み。
川底が浅いので、こんな綺麗な色に見えます。

taishoike18.jpg

ちょっと深みは濃いブルーで。この色はイタリアのカプリ
青の洞窟のあの海の色を思い出します。青の洞窟はもう
少し緑がかかっていたかな・・・

tasirobasi1.jpg

tasirobasi2.jpg

tasirobasi3.jpg

田代橋から河童橋方面を俯瞰したところです。未だこの
距離ですと河童橋は見えません。

tasirobasi4.jpg

梓川沿いの並木です。この並木の向こうにバスの駐車場
があります。ご存知の通り、上高地はマイカー乗り入れ
が禁止
されています。この試みは当時画期的でありまし
た。私も最初ここをマイカーで訪問した時になんでわざ
わざマイカーを乗り捨てて、バスに乗らにゃいかんのか
と多少腹立たしい思いをしましたが。

お蔭で訪問者のマナーが素晴らしい。タバコは決められ
たほんの数箇所で。勿論ポイ捨てタバコなんてどこにも
落ちていませんし、皆さん持ち込んだゴミはちゃんと
持ち帰っています。

環境問題を考える上で、本当に格好の教材になっている
のではないかしら。小さな家族連れの方も多かったです
が、この美しい自然を見て、こういうことを次の世代に
伝えていく、それも語らずに。そうなんです、綺麗な
環境を見れば人は汚そうと思わなくなるんです。もともと
美しいものが好きな動物なんですよね。





neko1


posted by belage at 01:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

上高地・田代池


taishoike17.jpg

大正池を過ぎて暫く歩くとこの田代池に出ます。
本当に小さい、そして水深が数十センチという
可愛い池。

水深が浅いことで、周りの山並みの色を素直に
映し出してくれるので、四季によって表情がか
なり変化します。

最近は大正池よりここと、明神池を写すことが
多いかな。

taishoike16.jpg

これは上と同じ場所で横位置の画面です。

taishoike15.jpg

このなんとも言えぬ淡い色合いが好きなんですね。

taishoike12.jpg

晴れているとここから西穂高の連峰がくっきり
見えるのですが、今日は残念ながら一日こんな
感じでありました。

海外から帰ってきてほぼ毎年こちらに春・夏・秋と
来ているのですが、連峰が見えなかったのは初めて。
こういうこともあるんだと、妙に感心したりして。
寧ろ山ではそういう時のほうが多いということを
すっかり忘れておりました。
(え〜と、それくらい晴れ男だといいたいのです、
 へへへ)

taishouike14.jpg

足元には何かの花の綿毛でしょうか。一面に。厳か
に目立たずというのがこの神降地(上高地)なんで
すよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蓼科山麓阿呆陀羅日乗ののぶさんから花の名前を教えて
戴きました。ちょっと素敵な表現があるので、コメント
をそのまま掲載させて戴きます。

白い綿毛はワタスゲの実ですね。ぽわぽわしてて、
心が和みますね。


のぶさん、ありがとうございます。




neko1


ラベル:上高地 田代池
posted by belage at 09:34| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

上高地・大正池 (そのに)


taishoike10.jpg

大正池を代表する風景ですね。賽の河原でしたっけ。
小石がごろごろとしています。

毎年、初夏、夏、秋と訪れているのですが、池の水量
がどんどん減っていくような気がして。それで毎年
来ているんです。いまのうちにこの景色を頭に入れて
おこうということで。

最初、上高地を訪れたのは35年前。その時の記憶は
未だ鮮烈なのですが、大正池の水は確実にもっとあり
ました。

梓川が運ぶ土砂でどんどん池が埋まっていくんですね。
まあ、これも自然の宿命。あるがままに残して行く事
が重要なのでは。

taishoike11.jpg

taishoike8.jpg

taishoike9.jpg

焼岳です。これが大正年間に噴火してこの大正池が出来
ました。
今もなお、火口付近からは白い煙が見られます。今日は
見えませんでしたね。





neko1

posted by belage at 19:39| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

上高地・大正池の木々


taishoike6.jpg

taishoike7.jpg

大正池の周りの木々の湖面への写り込みを。

緑がきれいです。

ちょっと分かりづらいかな。





neko1
ラベル:上高地
posted by belage at 19:00| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上高地・大正池


taishoike.jpg

新宿を出たのが7時。11時には上高地の大正池ホテル
の前に到着。

あの緑の濃い、まるで抹茶のような爽やかな湖水が
迎えてくれました。平日ではありますが、やはり夏
休み、家族連れで賑わっていましたね。

    taishoike1.jpg   taishoike2.jpg

    taishoike3.jpg   taishoike4.jpg

上高地での滞在時間は4時間。これから河童橋まで
歩いて、河童橋から明神池まで行きたいのですが、
食事時間も考えると戻って来られるかちょっと不安
があります。

これがバス旅行の不便なところかな。まあ、行ける
ところまで行きましょう。


(サムネイルの写真はクリックして頂くと大きく
なります)




neko1


ラベル:上高地 大正池
posted by belage at 11:47| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 上高地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。