2011年08月04日

フランス紀行(56) モン・サン・ミシェルP 修道院付属教会[6]


P1140130.JPG

修道院付属教会の内陣に描かれたレリーフの一部です。なかなか
味わいのある造形です。
こちらは追われるアダムとイブでしょうか。

P1140131.JPG

これは何でしょう。アダムとイブらしき二人がいるような。右の二人は何やら
諍いをしているようですが。もしかしてカインとアベル?でも、左手に十字架
を象った棒を持っているから、違いますね。

日本なら泥船に乗って、沈もうとしているさなか、まさに海江田さんを海に
落とそうとして棒で叩いている頓珍菅のように見えちゃうかも(爆)

P1140132.JPG

他の面にはキリストの生涯が描かれていました。

P1140134.JPG

これは旧約聖書に現れる聖人たちかな。一番左は足でなんやら動物を抑えて
いるから聖ミカエル(サン・ミシェル)かも知れませんね。と思ったら皆足で何かを
抑えている。こりゃわかりませんわ(苦笑)

P1140133.JPG

ふと上を見上げると船の模型が。教会で船と言えばノアの箱舟くらいしか
思い浮かばぬ無教養なボク。大体これ帆船みたいだし。はて、どういう
寓意なんだろう・・・

P1140136.JPG

一部のステンドグラスには内側に格子が入っていました。ここだけだった
ような気がします。はて、厳格な修道院で、修道僧の逃亡を防ぐため?
それともフランス革命後、こちらは監獄として使われていましたが、その
名残なのかもと、色々想像を逞しくして。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by belage at 16:30| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モン・サン・ミッシェルの修道院のモチーフ
古い歴史を感じて素敵ですね。
4枚目のモチーフは、聖書を書いた4福音記者かも??? (#^.^#)
それぞれにシンボルがあって
聖ヨハネが鷲 聖マルコが獅子(ライオン)
聖マタイが牛 聖ルカが人(天使)です。
格子の窓にも厳かさを感じますね。
修道僧の生活は厳しいものだったのでしょうか・・・
Posted by Angela at 2011年08月04日 17:02
♪angelaさん

そういうことでありましたか。有難うござい
ます。
然し、こういう知識って単に聖書を読んだだけ
では得られないですよね・・・(汗汗
Posted by belage at 2011年08月04日 18:00
belageさん、こんばんは〜
なかなかお伺いできずにすみません
二枚めのお写真のbelageさん独自の解釈が面白かったですよ
政治家が踏んだり蹴ったりでしょうか(笑)
窓についた格子・・・脱走するような修道女がいたのでしょうね〜
例えば私のようなタイプが(笑)
Posted by kanarin at 2011年08月04日 22:35
♪kanarinさん

引っ越し先はかなりスムースに接続できるんじゃ
ないでしょうか。
また宜しくお願いします。
Posted by belage at 2011年08月06日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。