2011年08月03日

フランス紀行(54) モン・サン・ミシェルN修道院教会[4]


P1140129.JPG

教会入口を入ったところの内陣です。振り返って入口を見ています。

P1140115.JPG

内陣の天井の構造が面白い。ものの本によればノルマン様式と
よばれるものだそうです。フィニッシュは木材。木製の梁と支柱が
見えますが、それで内装部分を支えているのかしら。

P1140124.JPG

身廊部分にはヴォールト工法の柱梁が見られます。初期ゴチック建築
も取り入れられて。

P1140125.JPG

主祭壇。非常にシンプルです。お隣の副祭壇ではシスターがなんと正座
してお祈りを捧げている姿を見かけました。外国の方でも正座して祈りを
捧げるなんてと非常に驚きました。祈りの妨げになってはいけません。
写したいのをぐっとこらえて・・・


P1140135.JPG

主祭壇を撮影しているツアー客。左の女性二人に注目。一瞬
原宿竹下通りに来たのかとびっくり(笑)
メイドファッションとお姫様ファッションの中間のような格好。
勿論日本人でありました(笑)
いま、フランスは若者の間で第二のジャポニズム・ブームで
アニメに触発されたファッションが大モテのようでありますが、
ん〜ん、この格好で旅をされるとは。恐るべしナデシコ(爆)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by belage at 16:34| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
モンサンの中で、殆どがNikonやCanonのデジ一をぶら下げているのに、たまたまハッセルでとっている外国の人とかち合わせ,お互いカメラを見詰めてにやにやしたのを思い出しました。
Posted by ramble-leica at 2011年08月03日 22:08
belageさん

いくらなんでも、メイドファッションで旅するのは???

Posted by getteng at 2011年08月03日 23:08
belageさん:おはようございます。
素晴らしい階高が高い教会ですね。
気持ちがスーッとします。
最後のお嬢さんは場違いですね。
Posted by seibo at 2011年08月04日 08:07
外国の教会は天井が高いですね。
厳かな雰囲気の修道院ですね。
私もひざまずいてお祈りすることはありますが
外国の修道女さんが正座をされるとは
思ってもみませんでした\(◎o◎)/!
Posted by Angela at 2011年08月04日 09:24
♪ramble-leicaさん

ハッセルですか。そりゃ、お互いににんまり
するでしょうね。その後で目線の中央で
火花が散りませんでしたか(笑)
Posted by belage at 2011年08月04日 17:41
♪gettengさん

はは、メイド・ファッションは言い過ぎ
かも知れません。アニメファッションかも。
どちらでもいいのですが、はっきり言って
彼らの方が遥に頓珍菅より外交は点数が上です(爆)
Posted by belage at 2011年08月04日 17:44
♪seiboさん

ふふ、まぁ、これも自己表現ですから。
意外と自己主張の強いフランスでは合う
かもです。
上で頓珍菅のことを書きましたが、彼より
数段上の外交力だと正直思いますよ。
Posted by belage at 2011年08月04日 17:47
♪angelaさん

でしょう。床は勿論石畳。正座なんて思いも
よりませんでした。
確かこの修道院で現在いらっしゃるのは
10名以下。選び抜かれたエリートなんで
しょうね。
Posted by belage at 2011年08月04日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。