2011年08月05日

フランス紀行(54) モン・サン・ミシェルQ 夕食「ガレット」とか


P1140076.JPG

モン・サン・ミシェルでの食事はホテルの通りを隔てた前のレストランで。
このテーブル・クロスとナプキン、なかなか洒落てるでしょう。

P1140073.JPG

まず頼んだのがこれ。ご当地名物シドル(Cidre)。リンゴの発泡酒。
まぁ、随分と面白い器に入れてくるものです。
お味ですか、はい、単なるリンゴ酒ですね(笑)甘味はかなり抑え気味
ですが、甘いもの苦手なボクにはそれでも・・・(苦笑)
でも、ちょっぴり酸味があって、食前酒としてはいいのかも。肝心の
アルコール度ですが、多分3%あるかなぁ。そういう意味でもボク向き
ではありませぬ(笑)

で、勿論ワインを別途注文して(爆)

P1140078.JPG

ちょっと気になったのが、フォークの置き方。こうやって立てる置き方
ってあるんだ。ボク等の席だけかと周りを見渡しましたが、皆おなじ
ように。これは初めての経験かもしれない。確かに取りやすいかも。

P1140083.JPG

これは何かと申しますと、やはりこお地方の名物。ガレットと申します。
帰国後、映画「アンダルシア」を観に行って冒頭のシーンでこれが
出てきてびっくり。映画ではパリの裏町の設定で、なんとトッピングが
イワシの丸焼きであったのには口をあんぐり開けてしまいましたが(爆)

これが何とですね、ソバ粉で作ったクレープ。中身は色々ですが、頼んだ
のは豚ハムとチーズであります。意外とソバの香りがして、結構香ばしい。
フランス人がソバ粉を料理するって、最初疑問でしたが、これはかなりの
フランス料理です。「そばがき」はあるけど、この料理法は盲点ですね。
美味しいです。

クレープなんですけど、ソバ粉を使っているというのが新鮮。当地に
来られたら是非試してください。因みに、島の中のレストランで食べると
結構いいお値段します。ちょっと外の内陸部には沢山レストランがあり
殆どのお店で供されていると思いますので、ちょっと足を伸ばして貰える
といいかな。

これはボクでも作れそう。ソバ粉が近所で手に入らないので、暫時お待ち
あれ。何れ「Bの料理」のメニューに加えます。

P1140081.JPG

もう一品は豚さんのソテーとマッシュルーム・ソース添え。なかなか
あっさりした味付けで美味しかったです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





posted by belage at 08:33| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜\(^o^)/
昼食がまだなので美味しそうなご馳走を見ると目まいがしそうです(◎o◎)
ソバ粉を使ったクレープ、、、これは興味がありますね〜
belageさんの「Bの料理」UPを楽しみにしていますからね〜
Posted by タンポポ at 2011年08月05日 13:25
♪タンポポさん

これは結構簡単に出来ると思います。問題は
ソバ粉をどこで手に入れるか(苦笑)
Posted by belage at 2011年08月06日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。