2011年08月02日

フランス紀行(51) モン・サン・ミシェルK 修道院[1]


P1130914.JPG

さて、いよいよお待ちかねの修道院内部へのご案内です。


P1140085.JPG

参道の急坂と階段を登り、おおやっと修道院の入り口だと思ったら、
あはは、また階段!(笑)
画面右下のお二人の女性は実は階段でお休みになられています。
日本の神社仏閣もそうですが、洋の東西を問わずお参りには体力
が必要なようです。


P1140087.JPG

修道院入口の門扉。このデザインは一体何を表しているんだろう?
何の花でしょうね・・・


P1140088.JPG

入口の狭い部屋を出るとまた階段。今度はオープンな急階段を
またひたすら登ります。
見上げると渡り廊下が。この修道院が時代とともに増設を繰り返した
跡が見受けられるような。


P1140089.JPG

ゴシック建築といっても初期のものでしょうか。余り威圧感は感じられ
ません。そんなところがいいのかも。


P1140090.JPG

階(きざはし)の途中に設けられた水栓。こんな海の中の小島で
水の確保は大変なことであったと思われますが、どうやって水を
確保したんでしょうね。

井戸なら相当の深井戸を掘らねばならないでしょうし、例え水が
出ても塩分が多分出ただろうし。これを解決したという証拠は
今回見学では分かりませんでしたが。

P1140091.JPG

なんやら動物の顔が彫られているようです。これはライオンかなぁ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









posted by belage at 08:18| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
belageさん

室内までは見学できないのでしょうね。
Posted by getteng at 2011年08月02日 15:49
こんにちは〜
お参りと言えば、階段!
三脚担いでとても無理(泣)
横の緩やかな道を登りました〜
belageさんは足腰お強いですね
私はとてもとても
その水の確保・・・確かにどうやってしたのでしょうか
昔の人は知恵が多いと言うか
謎だらけですね
Posted by kanarin at 2011年08月02日 15:51
♪gettengさん

こちらは殆ど全部見られて、写真の制限もありません。
それだけ芸術品が少ないということですか(苦笑)
但し、まだ修道僧がいますので、その居室部分は
不可ですけど。
Posted by belage at 2011年08月02日 17:33
♪kanarinさん

観光地で三脚は不味いんじゃないですか。
ボクは家にでっかいのやら三種類くらい
ありますが、一度も使ったことがない(笑)
旅はやはり健脚出ないと上手に回れません。
今回はチャリで動けたので大変嬉しかったです。
Posted by belage at 2011年08月02日 17:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。