2011年07月31日

フランス紀行(48) モン・サン・ミシェルI


P1130655.JPG

島の東端です。夜も9時を回っています。
本当はガイドツアーで行かないといけないのかも知れませんが、
どうしても島の裏側を見てみたくて。

どうも裏道、裏門、裏街道、裏技、裏メニューなんて言葉が好きで
(爆)

P1130774.JPG

裏手に回ってびっくり。

こんなビューをしていました。反対側から見る景色と大違い。
まさにゴチック様式の教会というのが良く分かるし、それと
中世のヨーロッパによくある城塞を兼ねた教会と言うのが
歴然と見てとれます。

これ中世の小島であった時代に海上から船で攻撃するのは
たいへんでありましたでしょう。

因みに画面一番右端に棒きれみたいに見えるのが奥様。
見比べてこの島のスケールがお分かりになると思います。

P1130782.JPG

こちら側には大きな石がごろごろと。これを見るとこの島自体が
岩でできていることが良く分かります。

P1130777.JPG

北西部の海。
午後10時に近い時間。この干潟に残っているのはボク等夫妻とこの
家族の二組だけ。モン・サン・ミシェル独り占めとはいきませんでしたが
(笑)

因みのボク等の足場はもっとずぶずぶかと思っていましたが、全く
問題なく、はだしにもならずにフツーの靴で歩けました。堅いシルト
層が出来上がっていて。

この日は沖の方に約500mくらいまで歩くことが出来ました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





posted by belage at 09:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
表側からの景観は色々な雑誌や写真集で見ることがありますが
裏側から見たのは初めて〜〜!!!
うわぁ〜〜〜〜またしても大感激です!!
そうですよね、この小島に海上から船で攻撃するのは大変ですよね。
ここに聖ミカエルが降り立ったのですね・・・ウルウル☆

Posted by Angela at 2011年07月31日 14:51
♪angelaさん

そうなんですよね、ボクも表の顔しかしらないで
裏に回ったらびっくりでした。
サン・ミシェルの成り立ちから考えると
こちらの姿の方がにあっているような気が
したりもします。
Posted by belage at 2011年07月31日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。