2011年03月18日

被災から1週間が経ちました 節度ある行動を!


R0033276.JPG


早いものです。あれからもう1週間が経つんですね。その後被災地では
雪が降り、皆さん極限状態で寒さに耐えていらっしゃるんですね。
どうか、心確かに過ごして下さい。

ボク等はこちらで何もしてあげられませんが、出来るだけ皆さんが早く
安心出来るようやれることでボク等も頑張ります!



地震直後、翌日少々の買いものをしたストックもなくなり、今日町を
ちょっと歩いてみました。
大きなスーパーでは品物があふれていて、寧ろボクはぎくっとしたくらい。
特に生鮮品が沢山。被災地へのルートが、ガソリンが確保されていない
んですよね。誠に申し訳ない気持ち。

更にびっくりしたのがガス・スタンド。写真では見づらいのですが、奥の方
には給油を待つ車がずっと列を作って。確認するのもばかばかしく、見に
行く気にもなれずでしたが、数キロは繋がっていた。
まさか、この連休に遠出するためにでしょうか。

東京で車は個人では必要ありません!

だいたい、未だ余震が続いている中、再び大地震が東京を襲ったら
どうなるか。ボクなぞは寧ろ自宅の車のガソリンを抜いて差し上げたい
くらいです。その分、被災地に早く届けてあげたい。

いいですか、

地震は終息していないんですよ。

まぁ、色々事情もあるでしょう。三連休に行楽される方がいても結構。
その代り、がんがん金を使って経済の下支えして下さい。ここで委縮
してはいけません。寄付も大事、普段通り生活することも大事で、それ
がオール・ジャパンの明日を創ります。



東京でもの不足は絶対に起きません。トレペとかパンとか乾麺沢山
買い占める必要はありませんよ。あの石油ショックで町にトレペが
全くなくなった時もお袋が買ってきてというのを制して買わなかった。
三日後にはちゃんとお店に山積みされました。

基本的にこの日本で総量として必ず需要を上回る供給量は確保されて
いるのが事実です。例えなくなったとしても、生産キャパは輸出に回す
ほどあるので心配ご無用です。

どうぞ普段通りの生活をして下さい

それが被災地の方への応援になりますから



posted by belage at 17:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | なにこれ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
余りの悲惨さに言葉もなく、ただ祈るだけの毎日でした。
今日から出勤したいと思っております。
放射能漏れ、一日も早く終息して欲しいですね
Posted by 湘南ジージ at 2011年03月19日 09:15
♪湘南ジージさん

まるで映画のシーンを見ているようで、未だ
実感が湧きません。脱力感もありますが、
ボク等が元気を出さねばと思っています。
Posted by belage at 2011年03月19日 16:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。