2011年02月28日

東京探訪記:新宿歌舞伎町 「アシベ会館」とか


P1120061.JPG

歌舞伎町コマ劇場の裏側
新大久保寄りの通りにこんなビルが

アシベ会館

その昔
日本の歌謡曲の中で
欧米の翻訳ポップスが全盛だった時代
若者のたまり場であった文化の発祥の地

そしてグループサウンズの雄であった
あのタイガースが京都から東京進出した際の
拠点となった場所

若き日のジュリーやトッポの歌声に
狂乱状態で失神者まで出て
大きな社会問題となったこともありました

その後グループサウンズの低迷とともに
日本の音楽史から忘れ去られた存在になってしましましたが
少なくとも1960年代を疾走した華のスポット

現在もこの地下ではコンサートホールがあり
インディーズ系のライブで若者を
惹きつけているようであります


P1120062.JPG


P1120063.JPG


P1120064.JPG


この通りの名称はボクは不案内で知らないのですが
歌舞伎町の裏側といった風情で
昔から結構コアな場所でありました

現代はこの周辺にはホストクラブが多く
存在するようです



この通りの線形を見て何か感じられた方は鋭い
終戦後焼け野が原から成立したこの歌舞伎町
再開発ということで
区画整理が比較的整然と行われた町ですが
唯一この通りだけは曲がりが多い

それもそのはずで
戦前には「蟹川」という川が流れていました
ちょっとびっくりです

蟹川は歌舞伎町から北へ早稲田を通り
神田川に合流し
江戸の上水として
江戸時代には江戸の水源となっていました




因みに歌舞伎座がないのに「歌舞伎町」とは?
それは再開発計画の目玉に
歌舞伎座の誘致があり
映画館を含め一大娯楽地にしようという計画でありました
残念ながら歌舞伎座誘致は失敗
名前だけが何故か残ったという経緯が




ーPhoto by DMC-GF1(パンケーキ)−




posted by belage at 16:37| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 東京探訪記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アシベ会館近くも良く歩いた街並みですが
記憶が消えかかっています。
新宿は好きな街でした (^O^)。
Posted by やま悠作 at 2011年02月28日 17:53
belageさん
懐かしのアシベ
嬉しいですね
まだあるのですね
コメント有り難うございます。
Posted by ryuji_s1 at 2011年02月28日 18:03
若しかして「ACB」?
南口にもありましたよ。
歌舞伎町の裏通りを歩いていると
青線のおネエちゃんから「学割あるわよ!」
なんて声を掛けられたもんです!
Posted by 湘南ジージ at 2011年02月28日 18:56
お早うございます。一度だけ行ったような記憶が有ります。誰と行ったのか,何で行くことになったのかも思い出せませんが、グループサウンズを聞きに行ったようです。中央にステージが有って周りに客席で上の方から見ていたような、布施明の霧の摩周湖を聞いたような。いやあ、記憶が霧の彼方になっています。
Posted by 風光明媚 at 2011年03月01日 09:06
♪悠作さん

これが流行の発信基地であった頃は
遥に遠く、その頃の新宿とは随分
変わりましたからね。
Posted by belage at 2011年03月01日 16:29
♪ryuji_s1さん

御存知でしたか。当時は数少ない流行
発信地でありましたものね。現在も
若者が集まっているようですよ。
Posted by belage at 2011年03月01日 16:31
♪湘南ジージさん

そうです、そのACBです。南口にもあったん
ですか!それは知りませんでした。
えっ、学割ですか!勿論、学割使われたん
でしょうね(笑)
Posted by belage at 2011年03月01日 16:33
♪風光明媚さん

おお、そのステージ風景は間違いないと
思いますよ。「霧の摩周湖」ですか。
大丈夫です、決して霧は掛っていませんよ。
Posted by belage at 2011年03月01日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。