2011年08月02日

フランス紀行(52) モン・サン・ミシェルL 修道院[2]


P1140093.JPG

サン・ミシェル(聖ミカエル)の姿が大分大きくなってきました。
でも後ろ向いてる(苦笑)

暫く階段を登ると修道院付属教会に至る前室のようなものがあり、
そこにはこの島の建物の歴史が模型で展示されていました。
これは非常に参考になりました。

大体においてヨーロッパの古寺の建設の歴史はとても長く、へたを
すると100年、200年というのはざら。そういう変遷が分かる資料
って意外と少ないんですよね。

P1140094.JPG

10世紀

ノルマンディー公リシャール1世の修道院建設時点です
これ以降当地への巡礼が始まっています

本来の創建は708年オベール司教の聖ミカエルの
お告げによる礼拝堂建設です
流石にその頃の姿は表現できなかったようです

P1140095.JPG

11世紀~12世紀

この頃になると下の方に人家も出始めて
建物もかなり大きな規模になっています

P1140096.JPG

17世紀~18世紀

今のカタチに近いけど天主搭の屋根のカタチが違う
あの聖ミカエルのお姿がまだありません

城壁やら郭・物見搭等現在の姿の物が見てとれます


P1140097.JPG

これが現在の姿

因みにあの聖ミカエル像の設置は1897年だそうです




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by belage at 16:53| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス紀行(51) モン・サン・ミシェルK 修道院[1]


P1130914.JPG

さて、いよいよお待ちかねの修道院内部へのご案内です。


P1140085.JPG

参道の急坂と階段を登り、おおやっと修道院の入り口だと思ったら、
あはは、また階段!(笑)
画面右下のお二人の女性は実は階段でお休みになられています。
日本の神社仏閣もそうですが、洋の東西を問わずお参りには体力
が必要なようです。


P1140087.JPG

修道院入口の門扉。このデザインは一体何を表しているんだろう?
何の花でしょうね・・・


P1140088.JPG

入口の狭い部屋を出るとまた階段。今度はオープンな急階段を
またひたすら登ります。
見上げると渡り廊下が。この修道院が時代とともに増設を繰り返した
跡が見受けられるような。


P1140089.JPG

ゴシック建築といっても初期のものでしょうか。余り威圧感は感じられ
ません。そんなところがいいのかも。


P1140090.JPG

階(きざはし)の途中に設けられた水栓。こんな海の中の小島で
水の確保は大変なことであったと思われますが、どうやって水を
確保したんでしょうね。

井戸なら相当の深井戸を掘らねばならないでしょうし、例え水が
出ても塩分が多分出ただろうし。これを解決したという証拠は
今回見学では分かりませんでしたが。

P1140091.JPG

なんやら動物の顔が彫られているようです。これはライオンかなぁ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Phoenix 東北&関東
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









posted by belage at 08:18| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス紀行!11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。